マウスなしで超スピード操作!エクセル魔人のショートカット9選

マウスなしで超スピード操作!エクセル魔人のショートカット9選 1024 684 Biz Tips Collection

誰でも社会人になって1人は見たことがあるであろうエクセル魔人。マウスをほとんど使わず、すごいスピードでエクセルが出来上がっていくのを横で見たことはないだろうか。そんな魔人と一般人の大きな違いは、基本的なショートカットを使いこなしているかどうかだ。ここでは、エクセル操作が便利にすばやくなる、基本操作に関わるショートカットを9個紹介する。

Ctrl+やじるしでスピード移動

まず基本的なのが、このショートカットだ。マウスを使わずすばやく操作するには、必要なセルにすばやく移動する必要がある。そこで必須なのが、このショートカットだ。

Ctrl + やじるし:次の空白か記載されたセルまで移動

このショートカットは、やじるしの方向へ、何かにぶつかるまで移動する。空白セルからの移動であれば、何か記載されたセルまで移動する。記載されたセルからの移動であれば、次の空白に当たるまで移動する。ポケモンの氷の上での移動だと思えばいいだろう。
一部のプロは、Ctrl+やじるしで移動をする前提で、表を作る段階から空白の行を配置したりすることもある。
具体的な一例を紹介する。Ctrl+やじるしの欠点として空白のセルが存在するとそこで移動がとまってしまう。なので、エクセル魔人は基本的に空白セルをつくらない。しかし、空白セルはどうしてもできてしまう。そんなときに利用されるTipsだ。
解決策は簡単。表の周囲を「*」で囲うことだ。コレにより空白セルが合ったとしてもCtrl + やじるしを連打し、最終行(列)に行ってしまっても一発で最終行(列)に戻ってくることができる。

Shift+やじるしで複数セル選択

Shift+やじるし:Shiftを押しっぱなしにして、複数セルを選択

Shiftを押している限り、やじるしで移動したセルを全て選択状態にできる。
これは、先ほどのショートカットと合わせて使用されることも多い。
Ctrl+Shift+やじるしで、表の中の1つの行や列をまとめて選択できる。

Ctrl+R、Ctrl+Dで隣のセルをコピー

Ctrl+スペース:今選択しているセルの列を全て選択
Shift+スペース:今選択しているセルの行を全て選択

列や行を一瞬で丸ごと選択するショートカットだ。
Shift+スペースの場合は、半角入力になっていないと機能しないので、要注意だ。
使い方は色々あるが、一番よく使うのは次に紹介するショートカットとの組み合わせだ。

Ctrl+プラス(+)、Ctrl+マイナス(-)で、行や列を追加・削除

Ctrl+プラス(+):選択している行や列を追加
Ctrl+マイナス(-):選択している行や列を削除

このショートカットで、行列の追加・削除がすぐにできる。なれると、マウスで選択して右クリックで追加するよりもよっぽど早くなる。
列や行を丸ごと選択していないと使えないのでそこは注意しよう。
また、通常のキーボードでは、shiftも一緒に押さないとプラス(+)を選択できない。

Ctrl+Shift+Lでフィルターを追加

Ctrl+Shift+L:フィルター追加

データの表を作っていると、よく使うのはフィルターだ。これもショートカットですぐに追加できる。
普通に使えば、選択しているセルの行を、範囲を自動的に選択してフィルター設定してくれる。フィルターを付ける範囲をしっかりしていしたければ、そのセルを複数選択してこのショートカットを使えばよい。
また、フィルターがシート内のどこかで設定されている状態でこのショートカットを使えば、フィルターを解除できる。

これであなたもエクセル魔人に!

今回、マウスなしでの操作用の基本的なショートカットを紹介した。
まとめると以下の通りだ。

①Ctrl + やじるし:次の空白か記載されたセルまで移動
②Shift+やじるし:Shiftを押しっぱなしにして、複数セルを選択
③Ctrl+R:1個左のセルをコピー
④Ctrl+D:1個上のセルをコピー
⑤Ctrl+スペース:今選択しているセルの列を全て選択
⑥Shift+スペース:今選択しているセルの行を全て選択
⑦Ctrl+プラス(+):選択している行や列を追加
⑧Ctrl+マイナス(-):選択している行や列を削除
⑨Ctrl+Shift+L:フィルター追加

もちろん、エクセルの便利なショートカットは他にもたくさんあるので、追って紹介していきたい。